包茎の治療・手術 医療法人社団 美幸会 大阪院
ご予約・ご相談
インターネット予約

www.skincare-mens.com
ボディケア
包茎
Body Care
包茎治療
長茎・増大
早漏対策・亀頭強化術
屈曲ペニス・屈曲陰茎修正術
パイプカット
亀頭のブツブツ
シリコンボール・リング
偽睾丸挿入術
薄毛・AGA・毛髪再生HARG療法
ワキガ・多汗症
レーザー脱毛
女性化乳房・乳房除去
料金表はこちらから
Q&Aはこちらから
クリニックコンセプト
ご予約・ご相談
インターネット予約
大阪・岡山
包茎に関するQ&Aはこちら

包茎

包茎がなりやすい病気



閉塞性乾燥性亀頭炎

慢性的な炎症により、陰茎先端周辺の皮膚が白く硬くなります。尿道口に及ぶ場合、閉塞され排尿困難となります。
外尿道口を開通させるための尿道口切開や形成外科的修復手術が必要となることもあります。


原因
 

この疾患の多くは、度重なる亀頭包皮炎が原因となり、包皮の弾力性や伸縮性は失われ、徐々に包皮は硬く厚い状態となり、、包皮先端が徐々に狭まり、閉塞されるようになります。

この疾患は、包茎がなりやすいことはもちろんですが、露茎(亀頭が常に露出されている)の方でもなることが多く、年配層に多く見られます。



症状
 

閉塞性乾燥性亀頭炎の初期症状ともいえる、亀頭包皮炎においては、包皮口(ペニス先端)周囲(特に内側の包皮)が痛み、発赤、腫脹(しゅちょう)、排膿(はいのう)などの症状を生じます。

仮性包茎や露茎の場合は、SEXや入浴・シャワーなどで痛みを強く感じるため、包皮を剥くことを次第に避けるようになります。

すると、次第に包皮は萎縮し、包皮の一部が切れやすくなり、これを繰り返すうちに皮膚はどんどん硬く厚くなってくるため、勃起時に包皮がめくれていると、そのたびに“ひび割れ”のような裂傷が生じるため、亀頭を露出しないようになります。

その結果、包皮は先端でつぼまり、亀頭を全く露出できない「真性包茎」の状態へとなります。この状態で、皮膚の炎症が慢性化し、硬く白くなった段階の症状が閉塞性乾燥性亀頭炎となります。



治療方法
 

この症状の場合は環状切開など外科的処置(包茎の手術)が必要となります。
また、尿道狭窄などの症状がある場合は、尿道口切開や尿道口形成が必要になります。




料金表


包茎治療

包茎の種類
包茎の種類(仮性包茎真性包茎カントン包茎)|包茎のデメリット

医療法人社団 美幸会 大阪院の包茎治療
包茎治療のポイント医療法人社団 美幸会 大阪院式亀頭直下埋没法包茎手術アフターケア

包茎手術の方法
従来の手術法と亀頭直下埋没法との違い
包茎治療の手順(包茎手術のデザイン包茎手術の麻酔方法包茎手術包茎手術後の処置)

包茎手術の修正
包茎手術後のツートンカラー包茎手術の傷跡が目立つ、気になる包茎手術や包茎治療後の形状・バランスが気になる

【様々な包茎の手術や治療方法】

作図法による包茎手術
従来の包茎手術「作図法」旧式作図法による包茎手術のメリット旧式作図法による包茎手術のデメリット

クランプによる包茎手術
クランプを用いた包茎手術クランプによる包茎手術のメリットクランプによる包茎手術のデメリット

根部形成法による包茎手術
根部形成法を用いた包茎手術根部形成法による包茎手術のメリット根部形成法による包茎手術のデメリット

その他の包茎手術
その他の包茎の手術や治療背面切開術による包茎手術部分切除による包茎の改善小帯形成による包茎の改善埋没陰茎や肥満型包茎

包茎がなりやすい病気
亀頭包皮炎(亀頭炎 包皮炎)閉塞性乾燥性亀頭炎尿路感染症陰茎ガン
嵌頓(かんとん)包茎紅色肥厚症性病・性感染症


   
前のページにもどる このページの先頭にもどる
 
ご予約・ご相談
インターネット予約
  ・プライバシーポリシー  ・サイトご利用上の注意
Q&A